江東区がどのように築かれて来たか調べてみました。

収益物件・競売・賃貸・売買のご依頼は、(有)東京明和コーポレーションまで。
電話でのお問い合せは03-3648-8977メールでのお問い合せ
横バー

江東区形成史

横バー
伝統と未来に息づく水彩都市・江東について
江東区は、江戸時代より現在に至るまでおおよそ400年の間、川を中心に発展してきました。  江戸の市街地に近く、水運の便に恵まれ、埋め立てに適した広い湿地帯があったことが、発展の要因でした。えどじだいには河川や掘割に木場や倉庫、問屋などが立ち並び明治、大正時代には、紡績、製材、鋼鉄、機械などの工業が発達しました。  昭和30年代後半になると、多くの工業が区外に転出し、跡地には集合住宅が建設されるなど住工混在の都心に近い町として発展してきました。また、輸送路としての使命を終えた運河は、現在では親水公園として生まれ変わっています。この歴史は、決して楽なものではありませんでした。度重なる水害た火災あるいは関東大震災や第2次世界大戦、戦後の復興期から高度経済成長期における公害、地盤沈下など犠牲が伴いました。  現在の「水彩都市江東」と呼ばれるうるおいのある町並みは、長年に渡る多くの人々の多大な努力の上に出来上がったものです。「水辺のまち」が形づかれていく中で、蓄積されてきた歴史的資源と伝統文化は区民共有の貴重な財産であり、そこに住む人々の心のよりどころでもあります。
時代】
年代
地図
[現在の江東区役所の位置]
画像をクリックすると大きく見れます。
説明
画像をクリックすると大きく見れます。
【江戸初期】
1590
~1657
【江戸初期】1590~1657
材木問屋
材木問屋
木びき
木びき
 江東区地区の開発は、徳川家康の入府によるえどのまちの拡大とともに始まります。
この頃まで江東地区は、ほとんどが低湿地で、亀島、大島、宝六島、永代島などの地名でわかるように小島が点在していました。
開発は、現在の森下を中心にとした深川村、佐賀・永代辺りの永代島、猟師町、小名木川南岸沿いの海辺新田、大島や砂町などで行われました。
この頃は、石島や千田あたりは、まだ海でした。
【江戸中期】
1658
~1803
このページの上部に戻ります。
【江戸中期】1658~1803
中川船番所(江戸名所図会)
中川船番所
(江戸名所図会)
東都三ッ股の図(国芳画)
東都三ッ股の図
(国芳画)
小名木川
小名木川
 小名木川は、行徳の塩を江戸に運ぶために開さくされました。利根川水系を利用した船運の終着地として物流流通の要路となり、番所橋付近には、船の関所として船番所が設けられました。
また、堅川、大横川、横十間川などの開さくも進み、新大橋、永代橋が架けられ江東地区が大いに発展しました。
現在の佐賀を中心とした隅田川の沿岸には米、雑穀、油、干鰯(ほしか)等の倉庫が建ち並び問屋取引が盛んに行われました。木場には材木商が江戸市中から移って来ました。
亀戸、砂村などは江戸の近郊農地として、つまみ菜、亀戸大根、砂村葱、砂村西瓜、砂村丸茄子などを供給しました。
【江戸後期】
1804
~1876
【江戸後期】1804~1876
五百らかん寺さざえ堂(北斎画)
五百らかん寺さざえ堂
(北斎画)
洲崎初日の出(広重画)
洲崎初日の出
(広重画)
木場
木場
亀戸梅屋舗
亀戸梅屋舗
官営セメント工場
官営セメント工場
 この時代は、江東地区には多くの文人墨客が住み独特の文化が生まれました。
今でも狂歌師、国学者、画家、横綱などの墓碑が数多く残っています。また、風光明眉な景色や、寺社の開帳、祭礼などの年中行事を中心として、江戸市民の行楽地が区内各所にありました。
辰巳八景や亀戸梅屋敷、五百らかんさざえ堂などは、浮世絵や歌曲などで当時の賑わいをうかがうことができます。
明治維新(1868年)により江戸は東京と改められ、現在の江東区の地域は、東京府下となりました。
【明治中期⇒
大正中期】
1877
~1922
このページの上部に戻ります。
【明治中期⇒大正中期】1877~1922
永代橋(東京新撰名所図会)
永代橋
(東京新撰名所図会)
小名木川風景(東京新撰名所図会)
小名木川風景
(東京新撰名所図会)
深川古石場町潮除堤の眺望
深川古石場町
潮除堤の眺望
 明治から大正にかけてのこの時代は、産業革命の時代です。江東区地区には多くの工場が立地します。
清澄の浅野セメント、亀戸の日清紡績、砂町の大日本製糖などです。
埋立はごみ処理、隅田川のしゅんせち土により、現在の1丁目、木場1,6丁目、塩浜1,2丁目、古石場3丁目で行われました。
荒川放水路の開さく、砂町下水処理場の完成したのは大正12年でした。
【震災⇒
昭和初期】
1923
~1945
【震災⇒昭和初期】1923~1945
震災後の永代橋
震災後の永代橋
木場-亀久橋より仙台掘を望む
木場-亀久橋より
仙台掘を望む
関東大震災の深川区役所跡
関東大震災の
深川区役所跡
 大正12年、関東大震災は江東地区にも大きな被害を与え、深川区の焼失家屋約49,000戸、亀戸町400戸、大島町1,400戸、砂町1,300戸に及びました。
復興事業が直ちに始められました。現在の街並みは、この時の区画整理でできました。また、現在の大部分はの橋がこの時整備され、主要なものは鉄橋となりました。
住宅建設は、同潤会が発足し、砂町住宅、猿江共同住宅、清砂通りアパートの計画的集合住宅が始められます。
重工業の発展とともに工場が進出し、京葉工業地帯の一大拠点となります。
埋立は、枝川1,2丁目、越中島3丁目、豊洲1~5丁目、東雲1,2丁目で行われました。
【戦災⇒
復興】
1946
~1955
このページの上部に戻ります。
【戦災⇒復興】1946~1955
区発足当時の区役所
区発足当時の
区役所
キャスリン台風
キャスリン台風
焼け野原になった江東地域
焼け野原になった
江東地域
 昭和22年(1947年)、江東区は、深川区・城東区の両区を合併して誕生しました。
戦争が終り、疎開者の帰京、戦地からの復員、引き揚げなどで人口が急激に増加し、都営住宅の建設が進められました。区内では、昭和20年代に51団地2,671戸ができました。
一方、この頃は、水害に弱くキャスリン台風では、台風の通過が東京湾の満潮時と一致したため、区内のほとんどが浸水し罹災者154,134人、床上浸水23,493戸でした。
【高度経済
成長期】
1956
~1973
【高度経済成長期】1956~1973
亀戸2丁目団地
亀戸2丁目団地
外郭堤防
外郭堤防
都電
都電
都住宅供給公社南砂住宅
都住宅供給公社
南砂住宅
 昭和30年代に入って、地盤沈下による水害の危険性が増大した江東区の区域を守るため、外郭堤防の工事が始まります。また、地下鉄東西線、首都高速道路7号線も完成して、区民の生活の安全性、利便性が向上しました。
工場の区外移転に伴って大規模な大規模な集合住宅が次々と建てられました。大島4丁目公団、大島6丁目公団、南砂2丁目公社、北砂5丁目公団住宅などは企業跡地です。
南部地区の開発も進められ、夢の島の埋立、辰巳の建材ふ頭、豊洲6丁目の東京ガス、東京電力、鉄鋼ふ頭、新木場地区の整備が行われました。
1974
~1998
このページの上部に戻ります。
1974~1998
空から見た江東区
空から見た江東区
水上バスとステーション
水上バスと
ステーション
木場の角乗り
木場の角乗り
深川の力持ち
深川の力持ち
ボート場
ボート場
 昭和48年に江東区役所が現在地、東陽4丁目に移転し、これまで第一・第二庁舎に分割されていた業務が統合されました。
昭和50年代に入ると扇橋閘門の完成に伴う城東地区の内水位低下により、水害への安全性が一層増しました。
また、江東区を縦横に走っている仙台堀川・横十間川も親水公園化され、区民に親しまれる公園として、変貌しました。交通網も、地下鉄新宿線の開通に伴い、東と西を結ぶ交通が一層便利になりました。
昭和60年代に入ると川を利用した水上バスの運航や都心と臨海部を結ぶ有楽町線の開通に伴い、臨海部の開発が進んできました。
江東区の面積も臨海部に増加していきました。この臨海部は、江東区の海と玄関として、また、品川・江戸川を結ぶ拠点として発展していくことと予想されます。
2003
このページの上部に戻ります。
【現在】2003
左上:臨海副都心 右下:大横川水辺の散歩道
左上:臨海副都心
右下:大横川水辺の散歩道
a
臨海副都心
●江東区が発足して56年がたちました。現在と発足当時を比較してみましょう。
面積、人口の推移
面積、人口の推移
おもな公共施設
  • 鉄道 総武線、京葉線、東西線、半蔵門線、有楽町線、新宿線、大江戸線、ゆりかもめ、東京臨海高速
  • 道路 高速7号線、高速9号線、高速湾岸線、荒川河川橋、辰巳桜橋、しおかぜ橋、レインボーブリッジ、小名木川クローバー橋、漣橋、ふれあい橋
  • 河川 外郭堤防、小名木川等水位低下、小名木川・清澄各排水機場、扇橋閘門
  • 公園 夢の島公園、亀戸中央公園、木場公園、仙台掘公園、横十間川親水公園、荒川・砂町水辺公園、古石場親水公園、木場親水公園、大島・小松川公園
  • その他 区役所庁舎、ティアラこうとう、区民センター、文化センター、深川江戸資料館、スポーツセンター、高齢者総合福祉センター、夢の島競技場、カメリアプラザ、中川船番所資料館、東京都美術館
参考資料:水辺のまちの形成史〔2003年7月〕このページの上部に戻ります。