不動産にて知り得た知識などを書き留めた書である。

売買【は行】

ブレーカー(分電盤)

東京明和 コーポレーション 売買【は行】賃貸【は行】

皆さんは、一度は見たことがある電気のブレーカー(分電盤)。

ブレーカー(分電盤)説明図分電盤の中にあるアンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器についてもご説明しましょう。

1.アンペアブレーカーは、過剰な電気をシャットアウト

分電盤の左端についているのがアンペアブレーカーです。一定以上の電気が流れると自動的に電気が切れるしくみになっています。アンペアブレーカーは契約アンペアの大きさによって色わけされています。

2.漏電・感電事故を防ぐ漏電遮断器

家の中の配線や電気製品が万一漏電したとき、その異常をすばやく感知して自動的に電気を切るのが漏電遮断器です。もし漏電が起こっても、火災や感電事故を防ぎます。

3.配線用遮断器は、電気の行き先を配線ごとに守っています

電気は分電盤からいくつかの回路にわかれて各部屋へ運ばれます。この回路(分岐回路)の安全を守るのが配線用遮断器で、1回路に1つずつついています。
1つの回路に流すことのできる電気の量は20アンペアが目安です。回路をいくつかにわけておくと何か異常が起きても影響が少なくてすみます。例えば、照明用とコンセント用に回路をわけておけば、器具に異常が起きてコンセント用の回路が切れても、照明用は切れません。
配線用遮断器の代わりに、安全器がついていることがあります。異常が起きた場合、安全器はヒューズが切れて電気を止めますが、配線用遮断器はスイッチが下がるだけです。ヒューズ交換の手間がかからない配線用遮断器への取り替えをおすすめします。

もし、家の電気が消えた場合、電気使用を控えてから

小ブレーカー(配線用遮断器)の一部が落ちている場合、それを上げる。
中ブレーカーが落ちている場合、小ブレーカーを一旦下げ、小ブレーカーを上げてゆく。
親ブレーカー(アンペアブレーカー)が下がっている場合、小➡中ブレーカーを下げ、親ブレーカー➡中➡小といった順番で上げてゆく、そのどこかで再度下がる場合は、そこに下がる原因がある。

※親ブレーカー等が、大きなブレーカー盤とは違うBOX盤に別格納している場合があるので気にしてみよう。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内


0

○○媒介契約とは?

東京明和 コーポレーション 売買【あ行】売買【さ行】売買【は行】賃貸【あ行】賃貸【さ行】賃貸【は行】

不動産屋に物件の依頼をするときに出てきます媒介契約とは…
不動産の売買・賃借を不動産屋に依頼するとき結ぶ契約で、賃貸契約や売買契約とは別の契約です。
4種類あります。

  • 一般媒介(非明示型)
    依頼者が他の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼しても良い形式のもので、非明示型なので、他のどの業者に依頼しているかを明示する必要がありません
  • 一般媒介(明示型)
    依頼者が他の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼しても良い形式のもので、明示型なので、他のどの業者に依頼しているかを明示する契約になります。
  • 専任媒介
    依頼者が他の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼することを禁じる形式のもので専属専任媒介契約と違い、自己発見取引の禁止の特約(依頼者は、媒介を依頼した宅建業者が探索した相手方以外の者と、売買または交換の契約を締結することができない旨の特約)が付かない契約。つまり、他業者に依頼は出来ないが、たまたま依頼者がお客さんを見つけた場合、依頼業者抜きで契約が出来るもの。しかし、不動産の契約に至るまでに専門知識の必要な事項などが多く、リスクがあります。
  • 専属専任媒介
    依頼者が他の宅建業者に重ねて媒介や代理を依頼することを禁じる形式のもので
    自己発見取引の禁止の特約が付いた契約です。つまり、発見には、依頼業者に託す感じになります。たまたま、自己発見した場合は、専任媒介とは違い、依頼業者が間に立ち、専門的な立場にて契約を成立に導きます。
以上4つの媒介契約がありますが、下に行くに従い、業者にも責務が多くなり、その分、業者は懸命に発見に努め、物件に集中できます。逆に上の方の契約では、依頼者が多くの業者に依頼出来るメリットがあります。各々メリット・デメリットが相反する形式ではありますが、物件やお客様の状況など、色々な事を踏まえて選びましょう。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内


Copyright ©
Fatal error: Call to undefined function wp_get_copyright_year() in /home/tomeco/www/home/cms-learning/wp-content/themes/child/footer.php on line 4