江東区南砂にて不動産業を営んでいる(有)東京明和コーポレーションです。当ブログでは、不動産や江東区等・ちょっとした事などご紹介。東陽町・南砂町・木場中心の賃貸 、江東区・墨田区等の収益不動産などの情報を掲載中!

病気やけがの緊急度や受信する科目が確認できる「東京版救急受診ガイド」

2014年6月2日 東京明和 コーポレーション いろいろ話

救急車

※緊急性があると思われるときは、ためらわず救急車を呼びましょう。救急車

東京都消防庁では、パソコンや携帯電話、スマートフォンで、質問に答えていくことで、症状の相談結果が表示され、傷病の緊急度や受診する時期・受診する科目などが確認できます。

東京版救急受診ガイド

東京版救急受診ガイドサービス

イザという時に見れる環境にしておけば安心ですね。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内



0

熱中症に注意

2014年5月31日 東京明和 コーポレーション いろいろ話

熱中症に注意

ここ最近は、暑いですね。熱中症に注意
夜も寝苦しい毎日ですが、

熱中症が多くなっています。

こまめな水分補給。
ただの水ではいけません。多少の塩分(ナトリウム)も摂取しましょう。
運動している場合は、当分も補給しましょう。

のどが渇く前にこまめに飲み、休息しながら過ごしましょう。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内



0

東陽町駅も工事

2014年5月29日 東京明和 コーポレーション いろいろ話東陽町のいろいろ話

東陽町駅工事

東陽町駅の郵便局(ゆうびん銀行)の駐輪場・駐車場だった場所に、東陽町駅の出入り口ができるそうです。
東陽町駅工事
平成27年終わるそうですが、どんな感じになるか楽しみです。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内



0

南砂町駅にメトロ・スナチカOPENしています!

2014年5月28日 東京明和 コーポレーション いろいろ話南砂町のいろいろ話

南砂町駅が、片道1車線の線路を、2面3車線にする工事が着々と進行しています。
増設ホーム
平成32年度を目標に工事が行われており、東京オリンピックに向けて、近代化?して行く南砂町駅です。

ただ、上記の絵を見ると、現在、西船橋側からくる快速電車を通過させ、東西線の通勤時間帯の混雑解消の為の要素が大かと思われます。

そんな工事内容や、砂町・東西線の歴史の紹介や、西葛西駅から南砂町駅までの運転を体験(電車でGO!みたいなもの?)できるそうです。

場所は、南砂町駅の東側2a出入り口から徒歩1分の南砂3丁目公園内。

9時から17時(入館は16時30分まで)
原則月曜日が休館。入場無料です。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内



0 南砂町駅

借主負担DIY賃貸物件も…

2014年5月25日 東京明和 コーポレーション いろいろ話

先日、テレビを見ていたら、公団?が退室時、原状回復義務がない団地?の特集をしていました。

内容は、長年住んでいる方が、自分の好みに合わせて、室内を改装できて、退室する際原状回復しなくていい…といった感じの内容。

現在、「シェアハウス」が徐々に活路が広がり、一部では、壁紙を入居者が決めれる賃貸物件も出ているそうです。そこに、上記のような原状回復義務がない賃貸物件タイプも出て、バリエーションも増えています。

「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の最終報告についての中の第6章 個人住宅の賃貸流通を促進するための指針(賃貸借ガイドライン)
借主負担DIY型のフロー図をみると書いてあります。

つまり、

  • 普通の部屋より賃料が安い
  • 修繕前の物件が引き渡されるので気をつけよう (現状引渡
  • 貸主さんに「壊れたので直してください」ができない (貸主の修繕義務免責
  • 逆に貸主さんに「壊れたところ直してよ」と言われるかも (借主の修繕義務
  • 出ていく時にキレイにする必要なし (原状回復義務一部免責
  • 「借主が作った棚もったいないから貸主さん買い取ってよ」はダメ (造作買取請求権の放棄)・・・これは、現在の約款にある。
  • 貸主さんも、リフォームして貸せない・費用がないなど、眠っている賃貸も、貸せるようになるかもしれない。
現状が、どういった状態化にもよりますが、

①現状有姿・・・修繕は、借主さんがすべて行って下さい。
②一部改装可・・・クロス等を自分で張り替えれる物件。

の2通りがあるようですね。

なんだか、事業用テナントの居住用版みたいな感じですね。

まだ、ガイドラインの案らしいので、今後、シェアハウスもそうですが、今後も注目したい事柄でした。


江東区・墨田区等の収益不動産・賃貸マンション貸し店舗・貸事務所・不動産売買。
江東区東陽町を中心とした賃貸売買不動産の事なら東京明和コーポレーションへ
〒136-0076
東京都江東区南砂2丁目2番16号東陽町グリーンハイツ702号室
TEL 0336488977   FAX 0336406473 〔当社案内



0

ページ 10 of 70« 最初...89101112...203040...最後 »

Copyright ©
Fatal error: Call to undefined function wp_get_copyright_year() in /home/tomeco/www/home/cms/wp-content/themes/child/footer.php on line 4